青葉区の庭

緑も多い横浜市内の閑静な住宅街。
個性的なファサードを持つ戸建住宅の外構と庭部分リニューアルをトータルに行いました。
重厚な玄関扉に向かって、道路からバリアフリーのアプローチを方形の石材で舗装し、イギリス産の石材を積み上げ、土留めにしました。
 ユーカリ・ポポラスを中心に、アプローチを彩る植栽帯にはピスタチアやプリペット、アジサイ、ビバーナムなどを植えています。 植栽帯を囲うように、有機的なデザインのロートアイアンで柵を兼ねた手摺を造り、
フランスアンティークの鉄扉を加工・塗装し、門扉として取り入れています。
駐車場は一台分は浸透性の砂利を骨材にした舗装材で仕上げ、来客用は庭の雰囲気をつくるため、石材でタイヤ部分だけをラフに舗装し、目地にも草が生えるような仕上げに。

中庭部分は全体を囲むように、ウッドフェンスを設け、見晴らしがよい方角は上部を格子状にすることで、視界が抜けるようになっています。5年が経過し、淘汰されてしまったものもありますが、玄関側のユーカリは建物を超えるほどに伸び、中庭側のオリーブやシマトネリコも大きく成長し、隣地からの目隠しとしてもしっかり役立っています。

鎌倉市の庭

建物に付随した外構やウッドデッキ部分は建物と共に行われる計画だったため、植栽を中心に行いました。
南向きの高台にあるため風通しと日当たりが良く、植物には好条件でしたが、海に近いエリアのため、耐潮性のある植物で構成しています。
カリステモンやティーツリーなどの高木をメインに、ニューサイランやロマンドラのようなフォルムが特徴的な常緑性の植物をポイントにしています。
北側のパーキングエリアや玄関側のアプローチにも、海をイメージさせる石張りの壁に合わせ、強い印象のアガベやコルジリネ、ドラセナなどを配植しました。
芝刈りや日々のお手入れも、ご夫婦でとてもきれいに行っていらっしゃいます。

世田谷区の家

シンプルな広い芝生がご希望の2世帯住宅のお庭。外周のフェンスを隠すようにハウチワカエデ、ヤマボウシ、ソヨゴ、アオダモなどの雑木を中心に、アジサイやヒュウガミズキ等の低木やギボウシ、フウチソウ、スズラン等の多年草、落ち着いた印象の植物を組み合わせた植栽帯を作っています。