大田区の庭

2世帯の暮らす敷地の外構。
家族同士での使用の他、賃貸住宅として利用することも想定し、敷地内の共有エリアとプライベートエリアの階層を意識的に取ることにより、同じ雰囲気を共有しながらも、戸建て然とした独立感も確保しています。
また、敷地に接している公道のパブリックエリアから、敷地内の共有エリアを経てプライベートエリアへと入ってゆくことで、奥行きのある空間認識が生まれています。

接道に面した玄関にはボリューム感の出る植栽を設けることで、外からの視線を和らげる役割を果たすとともに、交差点に面した立地という事から、目につきやすく、街の風景のフォーカルポイントにもなっています。