目黒区の庭

都内の閑静な住宅街にある一軒家。
周りに高い建物の少ない立地で、見晴らしと広い空を満喫できる屋上と、そのアプローチでもあるリビングに面したテラス。そして、地下のドライエリアを利用したサンクンガーデンへ植栽を行いました。

屋上にはもともとプランターが設置されていましたが、視界を妨げない程度で数を増やし、どの視界からもグリーンを感じられるようなレイアウトを作りました。
もとはシマトネリコが植栽されていましたが、強い日照や風のため状態が良くなく、今回はそれらの条件により高い耐性と、見晴らしや風を考慮し適正な樹高2.0m~2.5m程度に設定したうえで、その高さで見栄えのする樹形となるものを選び、植え替えをおこなっています。さらに自動潅水機も設置しメンテナンス性への対策もおこなっています。

サンクンガーデンは一面のガラスで屋内と仕切られており、屋内の視覚からは、白い壁が明るい印象の余白となるよう、シンプルな配置で植栽を行いました。
もともとのウッドデッキ貼りが朽ちてしまい、また周辺から落ち込んでくる落ち葉の掃除が大変との事も大きな問題でしたが、
タイル貼りにすることで耐久面とメンテナンス面での性能向上を図りつつ、
壁の白と相まって、シンプルな構図を強調しています。