鎌倉市の庭

海に徒歩で行ける湘南の高台エリア。中古の戸建てをご購入され、内装、外構ともに少しづつ手を入れて住まわれています。2017年にお声がけいただき、一期工事は中庭の鉄骨階段とテラス、二期目はアプローチ部分から駐車場、中庭部分の改修工事を行いました。

1・2階を繋ぐ階段の中間に位置する踊り場に掃き出し窓がありましたが、購入されたときには外階段はない状態でした。庭へは動線がなく、玄関側からしか行けないようになっていたため、その部分から着手することになりました。海沿いのため溶融亜鉛メッキの鉄骨造躯体に塗装をし、テラス、階段のステップ共床面はイペ材を使用しています。堅牢なつくりでありながら、木材の素材感が印象を和らげる仕様にしています。テラス上部にはパーゴラも設け、フジで緑陰を作っています。

玄関側のウッドデッキが老朽化したのと駐車場部分を拡張するために2020年に二期工事を行いました。カントリー調から少しクラシックな印象にと言うご要望から、建物に合わせ玄関を中心にシンメトリーにアールの階段を両サイドに設けました。手摺りとフェンスにはスチール無垢材を使用し、ギボシは表札に合わせたゴールドの塗装を施しました。駐車場は傾斜がきつかったため、一度舗装部分を壊し床面を下げ、車二台が十分に止められるように奥行きも拡張しています。アプローチ全体と駐車場はベルギーからの輸入スライスレンガをヘリンボーン張りで敷き詰めています。

中庭側も二期目で、外周フェンスと生け垣をつくり、元々あった菜園エリアも腐っていた枕木からレンガに替えました既存のアンズやミカンなどの樹木も移植、整理を行い、植込みも全体的に整備しました。庭の中心で目立っていた物置は鉄骨のテラスの下に移設し、下部全体を収納スペースとして活用できるようにウッドフェンスで覆っています。また、水栓部分も改修し、自動潅水装置も設置することで広範囲の水やりの負担がなくなり、奥様にも喜んでいただいています。

横浜市の庭

南東角地に位置する横浜市内の住宅。隣地が売りに出されたため、駐車スペースとお庭としての活用を考えご購入されました。
傾斜地のため現在お住まいのスペースと1m程の高低差がありましたが、駐車場から玄関までのアプローチをバリアフリーにするため、擁壁部分を一部開口し、玄関ポーチの御影石に合わせ、明るい石材で舗装しました。
駐車場には車からの出入りも楽にできる、ゆったりとした大きさのオリジナルのカーポートを設け、アプローチ部分に元々植えられていたヤマボウシをその脇に移植しています。
物置は駐車場と母屋のどちらからもアクセスしやすく、建物の北側に設けられた給湯器などの設備も隠す位置に設置しました。
ご夫婦ともに植物がお好きで、旦那様は野菜を、奥様は花が咲くものを中心に少しづつご自身で増やしていかれています。
カーポートと物置前のスペースではお嬢様夫妻と共にバーベキューなども楽しんでいらっしゃるそうです。

江戸川区の家

日当たりのよい南東の角地に建てられた戸建て住宅の外構全体を行いました。
外周部分は塀を作りたくないというご要望だったため、イぺ材を柱にしたロートアイアンのフェンスと植栽で道路との境を作りました。
そのままでは道路からリビングが丸見えになってしまうため、リビングの掃き出し窓に面した部分にウッドデッキでテラスを作り、その脇に高さのある細長いコの字の花壇を作り、ローズマリーを植えています。
こうすることで室内からもグリーンを感じつつ、ウッドデッキが緑に囲まれた部屋の状態になっています。