相模原市の家

グレーと白でまとめたポーチ脇には、風合いのある質感の左官で仕上げた門柱を設置し、サインを兼ねたインターホンカバーはオリジナルで製作しました。黒に近いグレーで塗装した隣家との境界に建てた木製フェンスには、ブラックベリーがたわわに実っています。建物の基礎を隠すためにハマヒサカキ、ポーチ脇には道路からの目隠しのために、オリーブを植えています。

茅ヶ崎市の家

玄関までのアプローチを兼ねた駐車場には、限られたスペースで緑のボリュームをつくり出す役割のパーゴラを設けています。意匠的な役割、植物の支持物として、また道路と敷地の区切りをつける効果もあり、インターホンやポストを取り付けた柱はサイクルスペースとの区切りとしても機能しています。日当たりの良い砂地の土壌のため、レンガの隙間に芝を植え、砂利を併用することで固い印象になりがちな駐車場を柔らかい印象に仕上げています。