鎌倉市の家

市街地や海岸にも近く、周囲も程よく空間が保たれた地域。

外周に木フェンスとデッキは施工されていたが、
目線の抜けが気になる箇所にパーゴラ、仕切りフェンス、植物を設置し、空間を作り、デッキに出やすい効果をねらった。

外壁に添えるようにレンガの花壇作り、高さを変えて
植栽のリズムを作る。

鎌倉の夏の日差しにも負けない、主木に白花のサルスベリ、
花壇にオーストラリア系の植物を植え足し、1〜2年でもりもりと成長してくれた。

端材で作った小さな菜園でも収穫の喜びを愉しんで頂いている。

世田谷区の家

隣家に囲まれた8畳程の中庭。周囲を囲ったフェンスとパーゴラに、植物を絡ますことで、目隠しと植物のボリューム感を生む造りにしました。
掃き出し窓の上部にもパーゴラを設置し、ツルハナナスやバラ、クレマチスを格子状のフェンスに旺盛に伸びています。
床は砂利舗装にし、周囲の花壇部分は、窓前のポーチに合わせ水はけの改善と間仕切りを兼ね、乱形石を積んでいます。

世田谷区の家

道路に面したエントランスと駐車場を、玄関扉に合わせた色合いのイペ材を使用して、フェンスや機能門柱をつくりました。ゲートはロートアイアンで製作し、床は通常よりも大きなレンガを敷き詰め、明るい目地材で仕上げました。ポーチの目隠しに株立のシマトネリコやジューンべリー、フェンスにはアイビーやクレマチスを誘引し、イペ材の経年変化と共にグリーンが増え、より柔らかい印象になっていきます。

窓越しに映る緑の風景

駅から近いながらも静かな住宅街の一角。住まれていたお隣の土地をご購入され、建て替えの計画がある程度固まった段階でご依頼いただきました。
ご要望はリビングダイニングになる2階からも木々の緑を感じたいという事でした。
建物が建つと搬入が困難になってしまうため、ダイニングに面した大きな窓から眺められるように、中庭になる部分には基礎工事が始まる前に5m超の常緑ヤマボウシとヤマモミジ、ロシアンオリーブを植えました。
中庭は回遊できるように石材を配し、隣家の窓前にのみスチールとレッドシダーを組み合わせたフェンスを設けました。足元は野趣がある下草類を植え、季節ごとに開花を楽しめるようにしています。
リビングに面したバルコニーにもRC造の花壇に軽量土壌を入れ、常緑低木を配し、隣家からの目隠しと共に建物を彩るグリーンとしても機能しています。
接道部分にもペッパーツリーを中心に常緑でありながら、印象が柔らかい樹種を選び、通年窓前の目隠しとして機能する構成にしています。モダンな建物に合うよう場所によってはナチュラル感が出過ぎない種類をグルーピングして植えています。
各所自動潅水装置も設置することで、管理面でも安定した生育を維持できるようにしました。