川崎市の家

閑散としたマンションの専用庭の一部にウッドフェンスを設け、造作の飾り棚や作業台をレイアウトし、ディスプレーコーナーに。既存のモクレンの大木や隣接した建物の陰になるので、植栽帯はアジサイやラミウム、ギボウシなど耐陰性のある植物で構成しています。
通路は古いレンガを敷き、目地には苔が生えるように土目地にし、一角は明るい砂利敷きで空間に変化をつけています。