千代田区のルーフガーデン

皇居に近いオフィスビルの屋上。オーナーの住居に面した部分が庭になっています。定期的にメンテナンスを行っており、竣工後既に13年が経過しています。ビルの建て替えに伴い屋上部分の計画をご依頼いただきました。旧ビルの屋上に植えてあった夏みかんの木を活かすため、解体前にクレーンで降ろす作業から行われ、数年がかりのプロジェクトでした。
工事全体はゼネコンが担い、屋上部分のレイアウトや資材、備品などの全体プランニング・監修と植栽計画、また植栽や水栓など一部の工事を行いました。土壌厚も1m以上取り、敷地全体に潅水装置も敷設したことで、都心の屋上とは思えないほど植物も良く育っています。毎年たくさん実る夏みかんでオーナー様がジャムを作られています。ムタビリスやアイスバーグなどのバラも旺盛に育っています。

品川区の家

都心の建物に囲まれた中庭は、目隠し用の黒とブルーグレーのウッドフェンスが外周を覆い、高いフェンスの補強も兼ねたパーゴラには、ヘデラやジャスミンを誘引することで緑のボリュームを作っています。室内から続くウッドデッキの中央には株立のヤマボウシ、周りにはリキュウバイやアジサイを植え、アンティークレンガで造られた高さのある花壇を設置することで、フォーカルポイントとして、また庭に奥行き感を与えています。
フェンス際には作業台やベンチを配置し、それぞれのコーナーが楽しめるようにレイアウトしています。

立川の家

枕木とウッドチップで舗装されていた庭を、室内からフラットなデッキとタイルのテラスにし、目隠しを兼ねた物置の設置と既存樹の移植でアウトドアリビングを。

渋谷区の家

最初に中庭を囲むフェンスの一部と舗装・植栽を行い、3年後、老朽化し壊れかけたフェンスを撤去し、壁を新設しました。床は古い花崗岩を敷き詰め、コンクリート部分も風化したような雰囲気に加工してあります。白い木製フェンスもヤスリで加工して、経年変化が出たような仕上げにしました。隣地との境界には鉄骨で躯体を組んだ高さ2.5mの高い壁には、アンティークレンガを張り、モッコウバラを絡めています。