富士宮の庭

家の南側に面した長細いスペース。
元々メッシュフェンスが建てられていた長辺の接道部分を花壇やウッドフェンスへ作り替え、プライベート感を高めました。

そのうえで、リビングに面した部分はその延長として機能するウッドデッキ・パーゴラのテラス、書斎や寝室に面した部分は窓辺の景色となる植栽、および物置や洗濯などを行うバックヤードへのアプローチにと、長細いスペースを生活の起点である母屋の間取りに密接に紐づけた機能で構成し、プライベートスペースとして活用度を高めることを意識しました。

また長方形の短辺と中央部にあたるスペースの区切りを強調する機能に、植物や素材の連続性を与え、スペース内の視線の移り変わりにおいても、景観を楽しめるような構成を目指しました。

町田市の家

駐車場の屋根の上にウッドデッキを作り、一階リビングに面した庭からデッキに上がれるように、既存のRC壁と合わせた階段を設け、建物外観のモダンな雰囲気に合わせスチール製の手摺を合わせました。水はけが悪く雑草が生い茂っていた土の部分は、テラス部分の面積を広くするため一部植栽エリアを残し石材で舗装しています。テラスにはプランターとベンチをレイアウトし、家族が寛げるスペースに仕上げています。

麻生区の家

リビングに面した奥行き2m程の道路と家との間の植栽帯。そこを活用できるスペースにと言う依頼のもと、床のレベルを上げることで、室内からの広がりも感じられる空間に。

家族と育む憧れの植物との暮らし

中古住宅をご購入され、内外装のリノベーションと共に庭部分もきれいにしたいという事でご依頼いただきました。
日当たりの良い南向きの傾斜地に立地している庭はとても開放的なのですが、周囲からの視線がやや気になるため、道路側にはマートルの生け垣を作りました。
リビングに面した大きな掃き出しと繋がる場所にはウッドデッキを設け、木陰になるよう頭上にはスチールのパーゴラを作り、ブドウ・デラウェアを絡めています。
一畳ほどの菜園スペースやコンポストスペースも設け、石のテラスと芝生エリアを繋ぐ動線上に配したラフな木製アーチにはクレマチスが絡みます。
奥様からのリクエストで植えた香りのよい西洋菩提樹を中心に、柑橘類のベルガモットやバラ、スタンダード仕立てのヒメリンゴやアカシアなど、四季を通じて五感を楽しませてくれるような植物構成になっています。