名古屋市の庭

閑静な住宅街の一角。お庭はお子さん達と遊べるように、シンプルに広く使えるスペースにしたいというご要望でした。道路からの目隠しのため常緑のシマトネリコを道路沿いに列植し、足元はアジサイやヒメウツギなど、花が楽しめる低木や多年草類で構成しています。
庭の奥の部分には2.5坪ほどのガーデンシェッドを設けました。緑の中で映えるようにレッドシダーの外壁材を白のステインで仕上げ、古いフランス製の窓と黒く塗られた瓦が印象的な建物になりました。室内には冷蔵庫なども置けるようにコンセントや手洗い用の流しも設置してあります。
道路から玄関まで高低差があるため、アプローチはバリアフリーとしても使えるようにしたいというご希望でしたので、緩いステップと共にスロープを併用しています。高い壁の印象を和らげるため、植栽帯を広く設け、フェンスや花壇にも木材を取り入れて、外構全体から感じるハードな印象を抑えるようにしました。