吉川市の家

新興住宅地の一画のお宅。
道路から母屋までのスペースに多くの機能※を入れ込むため、角度のついたファサード、ウマでの区切り、半囲いの軒などスペースに多様な機能性を果たさせるようなアイディアを盛り込みました。
(※エントランス・遊び場・通路・駐車場(メイン・来客)・物置・自転車置き場等)

鉄と木材を組み合わせた門扉、インタフォンカバーを兼ねた表札はフォントから、オリジナルで作成しました。

木、鉄、モルタルなど素の素材感でまとめたトーンと角度のついたファサードが相まって独特の個性を発しています。

市川市の家

新築のお宅。ファサードはお家の雰囲気に合うよう、シンメトリーを意識しました。周りをアパートに囲まれているため、デッキとお庭の周りに既存のブロック塀を隠しながら高さのある目隠しフェンスを設置。ブ ルーグレーの落ち着いたトーンに緑が映える空間となりました。小屋は収納としてはもちろんのこと、お庭の景色にも欠かせないポイントとなっています。