藤沢市のお庭

潮風をわずかに感じる静かな住宅街に立つ一戸建て。

建築の配置計画時からご相談いただき、しっかり時間を掛けて、計画させて頂いたプロジェクト。
アプローチから駐車スペース、お庭スペースがL字でつながり、違う用途となる3つのスペースを植物でつなげ、緑に囲まれた住宅となるようにレイアウトしました。
プライベートなお庭スペースは、週末の利用がメインのお車と道路面からは一段上がったレベルに植えた植栽で緩やかに仕切りました。
コンクリートで作られたテラスには、掃き出し窓からのステップをあえて大きく作り、ついつい腰掛けたくなるような場所がいくつもあるように設計しました。
ローテーブルを出せば、大人数で食事をする事も出来ます。
お庭の中心に古木のフェイジョアを植える事で、様々なシーンを作り、家族それぞれが思い思いの時間が過ごせるそんな空間をイメージしました。

吉川市の家

新興住宅地の一画のお宅。
道路から母屋までのスペースに多くの機能※を入れ込むため、角度のついたファサード、ウマでの区切り、半囲いの軒などスペースに多様な機能性を果たさせるようなアイディアを盛り込みました。
(※エントランス・遊び場・通路・駐車場(メイン・来客)・物置・自転車置き場等)

鉄と木材を組み合わせた門扉、インタフォンカバーを兼ねた表札はフォントから、オリジナルで作成しました。

木、鉄、モルタルなど素の素材感でまとめたトーンと角度のついたファサードが相まって独特の個性を発しています。

市川市の家

新築のお宅。ファサードはお家の雰囲気に合うよう、シンメトリーを意識しました。周りをアパートに囲まれているため、デッキとお庭の周りに既存のブロック塀を隠しながら高さのある目隠しフェンスを設置。ブ ルーグレーの落ち着いたトーンに緑が映える空間となりました。小屋は収納としてはもちろんのこと、お庭の景色にも欠かせないポイントとなっています。