横浜市の庭

南東角地に位置する横浜市内の住宅。隣地が売りに出されたため、駐車スペースとお庭としての活用を考えご購入されました。
傾斜地のため現在お住まいのスペースと1m程の高低差がありましたが、駐車場から玄関までのアプローチをバリアフリーにするため、擁壁部分を一部開口し、玄関ポーチの御影石に合わせ、明るい石材で舗装しました。
駐車場には車からの出入りも楽にできる、ゆったりとした大きさのオリジナルのカーポートを設け、アプローチ部分に元々植えられていたヤマボウシをその脇に移植しています。
物置は駐車場と母屋のどちらからもアクセスしやすく、建物の北側に設けられた給湯器などの設備も隠す位置に設置しました。
ご夫婦ともに植物がお好きで、旦那様は野菜を、奥様は花が咲くものを中心に少しづつご自身で増やしていかれています。
カーポートと物置前のスペースではお嬢様夫妻と共にバーベキューなども楽しんでいらっしゃるそうです。

小金井の庭

駅から程近い大通りを一本入った静かな物件。

隣地境界に元々あった味気ないブロック塀を隠し、動線部分が枯れてしまった芝生の舗装を見直しました。
一段低くなったお庭を掃き出し窓のレベルと揃えてデッキを設けることで室内からの行き来をストレスフリーにすると共に広い居住空間を確保しました。

境界部分にはデッキと一体となったウッドフェンスを設置する事で全体を温かい印象にしています。
さらにフェンスと建物をつなぐパーゴラを取り付けお客様がご用意したハンモックチェアを設置。
植栽の量が少ない空間ですがこういった小物が雰囲気をぐっと上げてくれます。
インテリアにもこだわり、センスの高いお客様なので外の空間も楽しんでいただけるようシンプルですっきりした空間に仕上げています。

木材の経年変化により全体がシルバーグレーの趣のある印象に変わり、どこか懐かしさを感じさせる建物ともマッチしてきました。

世田谷区のバルコニー

南西に面したL字型に長いバルコニーのリフォーム。
7階のため見晴らしは良く、日当たりも良い反面、風が強いことや近隣からの視線が気になる部分がありました。また、L字の中心に梁部分の高い段差があり、行き来するのに不便という事も課題になっていました。
そこで、全面的にウッドデッキを張り、室内から出やすくするのと共に、段差部分には、上り下りしやすい高さで階段を作りました。 リビングに面した部分は、あまり奥行きがないため、腰壁の上にプランターを設置し、ウッドデッキで床が高くなった分、壁が低く感じるような恐怖感を与えないよう、内側に木製のフェンスを立てています。
これによって室内からはプランターは見えず、植物の部分だけがフェンスから出て見えることで、スペースを広いまま確保しつつ、グリーンも楽しめるようになっています。富士山や夕日が見える角のスペースには、ベンチをつくり、中に折り畳みテーブルの収納もできるようになっています。
また、ワンちゃんが砂利のところで排泄をすることが多いという事でしたので、一部デッキをステップ状にし、周りに砂利を敷きつめ、トイレの役割を担っています。
ちょうど大規模修繕が終わった直後に行っているため、10~15年後に行う次回の修繕時には取り外しが必要になりますが、その時もパネルで外せるように設置しています。

富士宮の庭

家の南側に面した長細いスペース。
元々メッシュフェンスが建てられていた長辺の接道部分を花壇やウッドフェンスへ作り替え、プライベート感を高めました。

そのうえで、リビングに面した部分はその延長として機能するウッドデッキ・パーゴラのテラス、書斎や寝室に面した部分は窓辺の景色となる植栽、および物置や洗濯などを行うバックヤードへのアプローチにと、長細いスペースを生活の起点である母屋の間取りに密接に紐づけた機能で構成し、プライベートスペースとして活用度を高めることを意識しました。

また長方形の短辺と中央部にあたるスペースの区切りを強調する機能に、植物や素材の連続性を与え、スペース内の視線の移り変わりにおいても、景観を楽しめるような構成を目指しました。

藤沢市の家

海岸に近い閑静な住宅街。
前面に庭となるスペースが広く配置された敷地。

外周を覆うように、駐輪・小屋を配置し視線をカバーしくつろげるスペースが生まれた。デッキにてお茶を愉しんだり、夏にはプールを広げたり子どもたちの良い遊び場にもなっている。

この庭は、梅、ぶどう、柑橘、ブラックベリーなどなど
四季折々収穫を楽しめる果樹が多く植えられている。

新しい樹として、梅の花に近いレプトスペルムム属のシルバーティーツリーを植えた。

鎌倉市の家

市街地や海岸にも近く、周囲も程よく空間が保たれた地域。

外周に木フェンスとデッキは施工されていたが、
目線の抜けが気になる箇所にパーゴラ、仕切りフェンス、植物を設置し、空間を作り、デッキに出やすい効果をねらった。

外壁に添えるようにレンガの花壇作り、高さを変えて
植栽のリズムを作る。

鎌倉の夏の日差しにも負けない、主木に白花のサルスベリ、
花壇にオーストラリア系の植物を植え足し、1〜2年でもりもりと成長してくれた。

端材で作った小さな菜園でも収穫の喜びを愉しんで頂いている。

デザイン事務所

マンション専有テラスの植栽リフォーム。
仕事場から望む景色、休憩や打ち合わせなどに利用されるスペース。
元々あったプランターは塗装でリメイクし、配置変え。

壁面コーナーにプランター棚を設置し、植栽を立体的に配置し、緑に囲まれた空間となった。

常緑の植物で骨格を作り、その中で季節の変化を感じてもらえるよう
花物を添えた。

目黒区八雲の家

2Fリビングにつながる15㎡程のテラス。傷んでいたデッキは張替えリビングから隣地が抜ける景色に造作プランター、立体的にプランターを棚に設置し、植物で囲われた緑あふれる空間になった。

パーゴラには着脱式のタープを着けているので、日差しが強い日でも、
お茶や読書できる快適な空間となっている。

お施主は季節の花々を室内に活けたり、ハーブを料理に使ったり植物を楽しんで頂けているようだ

神奈川県大磯の家

高麗(コマ)山が望める自然あふれる景色が望める住宅街。
良い景色を上手く取り込めるように、ある程度ウッドフェンスで囲い、目地の間隔で抜け感を調整した。

パーゴラはシンプルな構造ながら、黒塗装にしたことにより、青空と良い対比を出し、風景を切り取るようなフレームとなった。パーゴラには藤が絡ませてあり、藤が垂れ咲く日が待ち遠しい。

奥の空間には菜園コーナーがある、飾り棚とコンテナ(ともに廃材利用)、がアクセントに。植栽は藤とすこしノスタルジックな色調の植栽、ロシアンオリーブがシンボルツリー。

こちらの案件では御施主に塗装をしていただいている。

長野県千曲市の家

自然豊かなロケーションに囲まれた豊かな空間。

気候を調べると、積雪もあり、関東で使える常緑植物がほとんど使えないエリアだったが、その寒暖差は紅葉の色彩を際立たせるため、宿根植物や落葉木で構成、四季折々の風景が楽しめる。

既存は活かし、古木のアーチと栗のフェンスで空間を作った。
施工後一年して訪れたが、周りの山々と共に紅葉も非常に美しかった。
植物の状態もよく、施主の愛情がかんじられた。