鎌倉市の庭

海に徒歩で行ける湘南の高台エリア。中古の戸建てをご購入され、内装、外構ともに少しづつ手を入れて住まわれています。2017年にお声がけいただき、一期工事は中庭の鉄骨階段とテラス、二期目はアプローチ部分から駐車場、中庭部分の改修工事を行いました。

1・2階を繋ぐ階段の中間に位置する踊り場に掃き出し窓がありましたが、購入されたときには外階段はない状態でした。庭へは動線がなく、玄関側からしか行けないようになっていたため、その部分から着手することになりました。海沿いのため溶融亜鉛メッキの鉄骨造躯体に塗装をし、テラス、階段のステップ共床面はイペ材を使用しています。堅牢なつくりでありながら、木材の素材感が印象を和らげる仕様にしています。テラス上部にはパーゴラも設け、フジで緑陰を作っています。

玄関側のウッドデッキが老朽化したのと駐車場部分を拡張するために2020年に二期工事を行いました。カントリー調から少しクラシックな印象にと言うご要望から、建物に合わせ玄関を中心にシンメトリーにアールの階段を両サイドに設けました。手摺りとフェンスにはスチール無垢材を使用し、ギボシは表札に合わせたゴールドの塗装を施しました。駐車場は傾斜がきつかったため、一度舗装部分を壊し床面を下げ、車二台が十分に止められるように奥行きも拡張しています。アプローチ全体と駐車場はベルギーからの輸入スライスレンガをヘリンボーン張りで敷き詰めています。

中庭側も二期目で、外周フェンスと生け垣をつくり、元々あった菜園エリアも腐っていた枕木からレンガに替えました既存のアンズやミカンなどの樹木も移植、整理を行い、植込みも全体的に整備しました。庭の中心で目立っていた物置は鉄骨のテラスの下に移設し、下部全体を収納スペースとして活用できるようにウッドフェンスで覆っています。また、水栓部分も改修し、自動潅水装置も設置することで広範囲の水やりの負担がなくなり、奥様にも喜んでいただいています。

青葉区の庭

リビングに面した幅5m奥行き3mほどのお庭。
道路から庭と室内を隠しつつ、植物を楽しめるスペースにというご要望のため、道路沿いに木製の目隠しフェンスを作りました。
室内から見るとかなり高さが必要なため、ツルを誘引できるように板を渡し、上部は植物で目隠しになるような形にしています。
道路側にはコンボルブルスをフェンスと擁壁の間に植え、下垂することでフェンスの圧迫感を和らげています。
庭には掃き出し窓から外に出られるようにウッドデッキを設置。
スペースが限られているため、作り付けのベンチは駐車場に張り出し、ベンチの下に板金を施し、自転車が置けるスペースにしています。
ツルハナナスやスタージャスミンなどの常緑ツル性植物を中心にクレマチスやブラックベリーなどもフェンスに這わせ、植物のボリュームを保っています。
周りを気にせず過ごせるウッドデッキがとても活躍しているとおっしゃっていただいています。

港北区の庭

通学路に面したフロントガーデン。
玄関へのアプローチと駐車スペースを一つの庭スペースの中に落とし込みました。

駐車スペースとアプローチ部分を明確に分けず、スペース全体を庭と捉えられるようにプランニングしました。
オープンな外構構成にしながら、一部に低めのウッドフェンスを設ける事で、植栽の背景としての役割も担いつつ、裏のスペースを作り、ゴミ箱や自転車を道路から見えにくくしています。
玄関を出てすぐの三和土のスペースもシンボルツリーで緩やかに目線を遮り、オープン感とプライベート感の両立を図っています。
家の裏側にあたる犬走りへの動線もゲートの設置位置をセットバックさせる事で、小径の両サイドの植栽スペースを確保しています。
家の両サイド、家の正面に植栽スペースを設ける事で、植物に囲まれた庭に車を置き、植物の間を抜けるアプローチという空間構成を目指しました。

登下校時の小学生を始め、近隣の方とも共有してもらえるような開かれた庭として楽しんで頂けるといいなと思います。

鎌倉市の庭

建物に付随した外構やウッドデッキ部分は建物と共に行われる計画だったため、植栽を中心に行いました。
南向きの高台にあるため風通しと日当たりが良く、植物には好条件でしたが、海に近いエリアのため、耐潮性のある植物で構成しています。
カリステモンやティーツリーなどの高木をメインに、ニューサイランやロマンドラのようなフォルムが特徴的な常緑性の植物をポイントにしています。
北側のパーキングエリアや玄関側のアプローチにも、海をイメージさせる石張りの壁に合わせ、強い印象のアガベやコルジリネ、ドラセナなどを配植しました。
芝刈りや日々のお手入れも、ご夫婦でとてもきれいに行っていらっしゃいます。

世田谷区の中庭

閑静な住宅街に新築された、プライベートとパブリックを明確に分けたスペースを持つ住宅。
都心の住宅街において、気兼ねなく家族が集い、眺め、育て、四季を楽しみつつ、道ゆく近隣の方々にもそんな楽しみが共有できる、そんなお庭のご提案でした。

プライベート感を大事にした中庭は、ウッドデッキと植栽帯というシンプルな構成です。
屋外(植栽帯)と室内を繋ぐ部分に設けたウッドデッキに、パーゴラを設置し、開閉式のオーニングを取り付ける事で、室内への日差しを軽減させると共に、半屋外として中間的なスペースの役割を持たせました。お引越し後には、大きなダイニングテーブルを置き、アウトドアダイニングとして、お楽しみ頂いております。
古材を使って作った台に乗せて設置した特注のコンクリートシンクが空間のアクセントになっています。
植栽帯に設けた小径を抜けると、奥にも小さなウッドデッキがあり、お子さんにも楽しんで頂ける様な隠れ家的なスペースで、変化に富んだシーンを作っています。

パブリックにあたる外周の植栽帯は、ヤマモミジをシンボルに、常緑樹を中心とした低木類を加え、四季を通じてお楽しみ頂けるような植物構成としています。

その他、窓際の外壁に壁掛けのプランターを設置したり、前のご自宅からお持ちのプランターを整理して様々な場所に配置するなど、お客様のご要望通り、どの窓からも植物が感じられる様にしています。

横浜市の庭

南東角地に位置する横浜市内の住宅。隣地が売りに出されたため、駐車スペースとお庭としての活用を考えご購入されました。
傾斜地のため現在お住まいのスペースと1m程の高低差がありましたが、駐車場から玄関までのアプローチをバリアフリーにするため、擁壁部分を一部開口し、玄関ポーチの御影石に合わせ、明るい石材で舗装しました。
駐車場には車からの出入りも楽にできる、ゆったりとした大きさのオリジナルのカーポートを設け、アプローチ部分に元々植えられていたヤマボウシをその脇に移植しています。
物置は駐車場と母屋のどちらからもアクセスしやすく、建物の北側に設けられた給湯器などの設備も隠す位置に設置しました。
ご夫婦ともに植物がお好きで、旦那様は野菜を、奥様は花が咲くものを中心に少しづつご自身で増やしていかれています。
カーポートと物置前のスペースではお嬢様夫妻と共にバーベキューなども楽しんでいらっしゃるそうです。

小金井の庭

駅から程近い大通りを一本入った静かな物件。

隣地境界に元々あった味気ないブロック塀を隠し、動線部分が枯れてしまった芝生の舗装を見直しました。
一段低くなったお庭を掃き出し窓のレベルと揃えてデッキを設けることで室内からの行き来をストレスフリーにすると共に広い居住空間を確保しました。

境界部分にはデッキと一体となったウッドフェンスを設置する事で全体を温かい印象にしています。
さらにフェンスと建物をつなぐパーゴラを取り付けお客様がご用意したハンモックチェアを設置。
植栽の量が少ない空間ですがこういった小物が雰囲気をぐっと上げてくれます。
インテリアにもこだわり、センスの高いお客様なので外の空間も楽しんでいただけるようシンプルですっきりした空間に仕上げています。

木材の経年変化により全体がシルバーグレーの趣のある印象に変わり、どこか懐かしさを感じさせる建物ともマッチしてきました。

世田谷区のバルコニー

南西に面したL字型に長いバルコニーのリフォーム。
7階のため見晴らしは良く、日当たりも良い反面、風が強いことや近隣からの視線が気になる部分がありました。また、L字の中心に梁部分の高い段差があり、行き来するのに不便という事も課題になっていました。
そこで、全面的にウッドデッキを張り、室内から出やすくするのと共に、段差部分には、上り下りしやすい高さで階段を作りました。 リビングに面した部分は、あまり奥行きがないため、腰壁の上にプランターを設置し、ウッドデッキで床が高くなった分、壁が低く感じるような恐怖感を与えないよう、内側に木製のフェンスを立てています。
これによって室内からはプランターは見えず、植物の部分だけがフェンスから出て見えることで、スペースを広いまま確保しつつ、グリーンも楽しめるようになっています。富士山や夕日が見える角のスペースには、ベンチをつくり、中に折り畳みテーブルの収納もできるようになっています。
また、ワンちゃんが砂利のところで排泄をすることが多いという事でしたので、一部デッキをステップ状にし、周りに砂利を敷きつめ、トイレの役割を担っています。
ちょうど大規模修繕が終わった直後に行っているため、10~15年後に行う次回の修繕時には取り外しが必要になりますが、その時もパネルで外せるように設置しています。

富士宮の庭

家の南側に面した長細いスペース。
元々メッシュフェンスが建てられていた長辺の接道部分を花壇やウッドフェンスへ作り替え、プライベート感を高めました。

そのうえで、リビングに面した部分はその延長として機能するウッドデッキ・パーゴラのテラス、書斎や寝室に面した部分は窓辺の景色となる植栽、および物置や洗濯などを行うバックヤードへのアプローチにと、長細いスペースを生活の起点である母屋の間取りに密接に紐づけた機能で構成し、プライベートスペースとして活用度を高めることを意識しました。

また長方形の短辺と中央部にあたるスペースの区切りを強調する機能に、植物や素材の連続性を与え、スペース内の視線の移り変わりにおいても、景観を楽しめるような構成を目指しました。

藤沢市の家

海岸に近い閑静な住宅街。
前面に庭となるスペースが広く配置された敷地。

外周を覆うように、駐輪・小屋を配置し視線をカバーしくつろげるスペースが生まれた。デッキにてお茶を愉しんだり、夏にはプールを広げたり子どもたちの良い遊び場にもなっている。

この庭は、梅、ぶどう、柑橘、ブラックベリーなどなど
四季折々収穫を楽しめる果樹が多く植えられている。

新しい樹として、梅の花に近いレプトスペルムム属のシルバーティーツリーを植えた。