千代田区のルーフガーデン

皇居に近いオフィスビルの屋上。オーナーの住居に面した部分が庭になっています。定期的にメンテナンスを行っており、竣工後既に13年が経過しています。ビルの建て替えに伴い屋上部分の計画をご依頼いただきました。旧ビルの屋上に植えてあった夏みかんの木を活かすため、解体前にクレーンで降ろす作業から行われ、数年がかりのプロジェクトでした。
工事全体はゼネコンが担い、屋上部分のレイアウトや資材、備品などの全体プランニング・監修と植栽計画、また植栽や水栓など一部の工事を行いました。土壌厚も1m以上取り、敷地全体に潅水装置も敷設したことで、都心の屋上とは思えないほど植物も良く育っています。毎年たくさん実る夏みかんでオーナー様がジャムを作られています。ムタビリスやアイスバーグなどのバラも旺盛に育っています。

世田谷区の家

隣家に囲まれた8畳程の中庭。周囲を囲ったフェンスとパーゴラに、植物を絡ますことで、目隠しと植物のボリューム感を生む造りにしました。
掃き出し窓の上部にもパーゴラを設置し、ツルハナナスやバラ、クレマチスを格子状のフェンスに旺盛に伸びています。
床は砂利舗装にし、周囲の花壇部分は、窓前のポーチに合わせ水はけの改善と間仕切りを兼ね、乱形石を積んでいます。

横浜市の家

道路から2mほどの擁壁上に家が建っており、道路と同じレベルの駐車場、階段、擁壁上の庭と、建物全体の雰囲気に合わせトータルに工事を行いました。オリジナルの門扉と共に、アール状に上がっていく階段にはロートアイアンの手摺りを付けました。リビングに面したスペースには、石のテラスとパーゴラを設け、左官材で仕上げたかわいい物置を庭の奥に配し、フォーカルポイントにしています。外周は道路からの目線を遮るように、ウッドフェンスで囲み、つる植物を絡められるようにしています。