神奈川県大和市の家

弊店でたくさんの家具や雑貨をご購入いただいているお客様のご自宅。建具や仕上げにこだわった室内は、アンティークで囲まれた素敵な空間になっています。
その雰囲気に合うようにとご依頼を受け、駐車場を含む建物の外周すべての工事を行いました。
物置を兼ねた自転車置き場は、玄関と中庭のどちらからも見え、ポイントになるように配置しました。
フェンスやゲートはアンティークとアンティークをモチーフにオリジナルで製作したものを併用しています。間仕切り壁とゲートを隔てた向こう側はお母様がご自分で楽しめる庭に。
キッチンから出られる中庭は古い玄武岩を敷き込みテラスにしています。日当たりが良くないためアジサイを中心に、目隠しにはソヨゴやシマトネリコ等の常緑樹を植えています。

江戸川区の家

日当たりのよい南東の角地に建てられた戸建て住宅の外構全体を行いました。
外周部分は塀を作りたくないというご要望だったため、イぺ材を柱にしたロートアイアンのフェンスと植栽で道路との境を作りました。
そのままでは道路からリビングが丸見えになってしまうため、リビングの掃き出し窓に面した部分にウッドデッキでテラスを作り、その脇に高さのある細長いコの字の花壇を作り、ローズマリーを植えています。
こうすることで室内からもグリーンを感じつつ、ウッドデッキが緑に囲まれた部屋の状態になっています。

調布市の家

造園会社のゴミ置き場が庭に隣接していたため、フランスの田舎の街並みをイメージした、高い目隠しを作りたいというのがご要望でした。鉄骨で躯体を作り、鉄骨に溶接したメッシュにモルタルを塗り込む工法で空洞の壁を作り、モルタル造形で石積みと漆喰が風化したような素材感を作っています。床は砂利と平板石で舗装し、壁とパーゴラにはブドウを絡めました。

川崎市の家

閑散としたマンションの専用庭の一部にウッドフェンスを設け、造作の飾り棚や作業台をレイアウトし、ディスプレーコーナーに。既存のモクレンの大木や隣接した建物の陰になるので、植栽帯はアジサイやラミウム、ギボウシなど耐陰性のある植物で構成しています。
通路は古いレンガを敷き、目地には苔が生えるように土目地にし、一角は明るい砂利敷きで空間に変化をつけています。