神奈川県横浜市の家

3m程の擁壁上に立地する新築住宅には、建物と平行に段差下に駐車スペースが計画されていました。
リビングに面した庭部分は奥行き1.8mの細長い部分しかなかったため、駐車場上部に、室内からフラットになるようウッドデッキを張り出し、スペースを有効活用しています。
燐家から見下ろされてしまう部分には高いフェンスを設け、明るくなるように白で塗装し、道路面はナチュラルなステイン仕上げにし、どちらもテイカカズラなどのつる植物を這わせ、将来的には緑でおおわれるようにしています。
駐車場から階段で上がるアプローチには、黒レンガを敷き詰め、窓からの目隠しになるよう大きめのシンボルツリーのシマトネリコを植えています。

世田谷区の家

老朽化した万年塀の交換と共に使われていなかった裏庭をリフォームしました。ご自身で植えられたニセアカシア・フリーシアを移植し、隣家の2階のベランダが隠れるように常緑のシマトネリコを植えました。床は玄武岩の古いものを通路、テラスと同素材で敷き詰めています。
外周の壁は高さが2.4mと高いため、躯体はRC造で、表面の仕上げは経年変化したようなモルタル左官仕上げと通路の一部は、壁高の切り替えに合わせ、シンプルな塗装仕上げにしています。
鉢やオブジェを飾るためのコンクリート製のオリジナルコンソールは、高い壁の高さを和らげるために設けています。

品川区の家

都心の建物に囲まれた中庭は、目隠し用の黒とブルーグレーのウッドフェンスが外周を覆い、高いフェンスの補強も兼ねたパーゴラには、ヘデラやジャスミンを誘引することで緑のボリュームを作っています。室内から続くウッドデッキの中央には株立のヤマボウシ、周りにはリキュウバイやアジサイを植え、アンティークレンガで造られた高さのある花壇を設置することで、フォーカルポイントとして、また庭に奥行き感を与えています。
フェンス際には作業台やベンチを配置し、それぞれのコーナーが楽しめるようにレイアウトしています。