世田谷区の家

道路に面したエントランスと駐車場を、玄関扉に合わせた色合いのイペ材を使用して、フェンスや機能門柱をつくりました。ゲートはロートアイアンで製作し、床は通常よりも大きなレンガを敷き詰め、明るい目地材で仕上げました。ポーチの目隠しに株立のシマトネリコやジューンべリー、フェンスにはアイビーやクレマチスを誘引し、イペ材の経年変化と共にグリーンが増え、より柔らかい印象になっていきます。

世田谷区の家

隣家からの目隠しのため、ナチュラルカラーのウッドフェンスとウィローフェンスを設置し、既存の壁と共にバラやジャスミンなどのツル植物を這わせ緑溢れる庭に。既存のサルスベリやモクレンは活かし、新たにマルバのユーカリやギンヨウアカシア、ノリウツギや多年草他、沢山の種類の植物を植えています。雑然としたグリーンの中で、木馬やブリキのバケツなどの雑貨がポイントになっています

立川の家

枕木とウッドチップで舗装されていた庭を、室内からフラットなデッキとタイルのテラスにし、目隠しを兼ねた物置の設置と既存樹の移植でアウトドアリビングを。

世田谷区の家

アプローチは来客用の駐車スペースも兼ねているため、芝生とレンガで舗装し、隣地の木製フェンスと素材を合わせたウッドウォールには、ロートアイアンゲートを設置。