鎌倉市の家

市街地や海岸にも近く、周囲も程よく空間が保たれた地域。

外周に木フェンスとデッキは施工されていたが、
目線の抜けが気になる箇所にパーゴラ、仕切りフェンス、植物を設置し、空間を作り、デッキに出やすい効果をねらった。

外壁に添えるようにレンガの花壇作り、高さを変えて
植栽のリズムを作る。

鎌倉の夏の日差しにも負けない、主木に白花のサルスベリ、
花壇にオーストラリア系の植物を植え足し、1〜2年でもりもりと成長してくれた。

端材で作った小さな菜園でも収穫の喜びを愉しんで頂いている。

デザイン事務所

マンション専有テラスの植栽リフォーム。
仕事場から望む景色、休憩や打ち合わせなどに利用されるスペース。
元々あったプランターは塗装でリメイクし、配置変え。

壁面コーナーにプランター棚を設置し、植栽を立体的に配置し、緑に囲まれた空間となった。

常緑の植物で骨格を作り、その中で季節の変化を感じてもらえるよう
花物を添えた。

目黒区八雲の家

2Fリビングにつながる15㎡程のテラス。傷んでいたデッキは張替えリビングから隣地が抜ける景色に造作プランター、立体的にプランターを棚に設置し、植物で囲われた緑あふれる空間になった。

パーゴラには着脱式のタープを着けているので、日差しが強い日でも、
お茶や読書できる快適な空間となっている。

お施主は季節の花々を室内に活けたり、ハーブを料理に使ったり植物を楽しんで頂けているようだ

神奈川県大磯の家

高麗(コマ)山が望める自然あふれる景色が望める住宅街。
良い景色を上手く取り込めるように、ある程度ウッドフェンスで囲い、目地の間隔で抜け感を調整した。

パーゴラはシンプルな構造ながら、黒塗装にしたことにより、青空と良い対比を出し、風景を切り取るようなフレームとなった。パーゴラには藤が絡ませてあり、藤が垂れ咲く日が待ち遠しい。

奥の空間には菜園コーナーがある、飾り棚とコンテナ(ともに廃材利用)、がアクセントに。植栽は藤とすこしノスタルジックな色調の植栽、ロシアンオリーブがシンボルツリー。

こちらの案件では御施主に塗装をしていただいている。

長野県千曲市の家

自然豊かなロケーションに囲まれた豊かな空間。

気候を調べると、積雪もあり、関東で使える常緑植物がほとんど使えないエリアだったが、その寒暖差は紅葉の色彩を際立たせるため、宿根植物や落葉木で構成、四季折々の風景が楽しめる。

既存は活かし、古木のアーチと栗のフェンスで空間を作った。
施工後一年して訪れたが、周りの山々と共に紅葉も非常に美しかった。
植物の状態もよく、施主の愛情がかんじられた。

葛飾区の家

既存のブロック塀に手を加え、左官塗りとロートアイアンの壁に一新。

シンプルながら表情のあるロートアイアンが引き締め役になっている。門扉を抜けたパーゴラ付きのベンチにはクレマチスを絡ませてあり、花が覆う頃が楽しみな作りである。

テラスは花壇をつくり奥行きを広げ、ウッドフェンスで囲みくつろげる空間に。リビングから観ると植栽の緑と造作で作った飾り棚が彩りを添えている。

ビール片手に緑を眺め癒される庭

もともと和庭だったお庭には立派な山桜やモミジ、ドウダンツツジ、モチ、カイズカイブキなどが植えられていました。その中で残せるものはなるべく残し、新たに施主好みの植物を加え、個性あるお庭へと変身しました。

施主がアメリカにお住いの時によく通われたと言う、ゴルフ場を思い出させる芝生と、そのゴルフ場にあったという小屋の色を選び、今ではお庭の芝は施主自身が常に気を配っているので、まるでゴルフ場のような美しいグリーンです。

そのグリーンに囲まれたお庭を眺めながらデッキの椅子に座りビールを飲むのが最高なのだそうです。

工事を3段階に分け、納得するまで追求されたお庭です。