大田区の庭

2世帯の暮らす敷地の外構。
家族同士での使用の他、賃貸住宅として利用することも想定し、敷地内の共有エリアとプライベートエリアの階層を意識的に取ることにより、同じ雰囲気を共有しながらも、戸建て然とした独立感も確保しています。
また、敷地に接している公道のパブリックエリアから、敷地内の共有エリアを経てプライベートエリアへと入ってゆくことで、奥行きのある空間認識が生まれています。

接道に面した玄関にはボリューム感の出る植栽を設けることで、外からの視線を和らげる役割を果たすとともに、交差点に面した立地という事から、目につきやすく、街の風景のフォーカルポイントにもなっています。

豊島区の庭

マンションの専用庭。
タイルテラス以外のスペースは、お引越しされた時はヒメイワダレソウが全面に広がり、部分的に小さなレンガ花壇を作って限られたスペースで植栽を楽しんでいたお客様。室内から緑がたくさん見えるようにしたいというご要望でした。
ブルーベリーなど実がなる植物を入れたり菜園を作り小さな娘さん2人と一緒に楽しめるようにしました。
壁面も緑のボリュームが増えるよう既存の目隠しフェンスの前にワイヤーメッシュを設置。
現状復旧が条件となるマンションでは構造物の設置方法も限定されます。フェンスは容易に取り外せる仕様にし、レンガの舗装もモルタル等で固定せず砂で目地を埋めています。
四季を感じられる庭にしたいという事で、落葉樹や収穫できる植物を織り交ぜた植栽計画にしました。

神奈川区の庭

リビングとダイニングにL字に面したお庭。
歩道からの目隠しをしつつ、周辺に広がる田んぼや、植木屋の畑など、素晴らしい眺めを借景として取り入れられるよう、エリアごとにフェンスの目地や高さに変化をつけて工夫しました。高さのあるフェンスの控え梁や柱をパーゴラや機能門柱としても利用しています。
庭には掃き出し窓から外に出やすいようにウッドデッキを設置。部屋のフロアレベルが高いので、デッキは直後腰掛けて、芝のスペースのベンチとしても機能しています。
植栽は、奥様の趣味のドライフラワーアレンジメントや、お子さんたちと収穫が楽しめる果樹で構成し、フェンスの端材を利用した菜園枠を設置しました。全体を覆うフェンスにも、香りのいいトウテイカカズラやツキヌキニンドウのほか、ブドウやブラックベリー、パッションフルーツなどを植栽し、収穫を楽しんでいただいています。

港北区の庭

通学路に面したフロントガーデン。
玄関へのアプローチと駐車スペースを一つの庭スペースの中に落とし込みました。

駐車スペースとアプローチ部分を明確に分けず、スペース全体を庭と捉えられるようにプランニングしました。
オープンな外構構成にしながら、一部に低めのウッドフェンスを設ける事で、植栽の背景としての役割も担いつつ、裏のスペースを作り、ゴミ箱や自転車を道路から見えにくくしています。
玄関を出てすぐの三和土のスペースもシンボルツリーで緩やかに目線を遮り、オープン感とプライベート感の両立を図っています。
家の裏側にあたる犬走りへの動線もゲートの設置位置をセットバックさせる事で、小径の両サイドの植栽スペースを確保しています。
家の両サイド、家の正面に植栽スペースを設ける事で、植物に囲まれた庭に車を置き、植物の間を抜けるアプローチという空間構成を目指しました。

登下校時の小学生を始め、近隣の方とも共有してもらえるような開かれた庭として楽しんで頂けるといいなと思います。

世田谷区のバルコニー

南西に面したL字型に長いバルコニーのリフォーム。
7階のため見晴らしは良く、日当たりも良い反面、風が強いことや近隣からの視線が気になる部分がありました。また、L字の中心に梁部分の高い段差があり、行き来するのに不便という事も課題になっていました。
そこで、全面的にウッドデッキを張り、室内から出やすくするのと共に、段差部分には、上り下りしやすい高さで階段を作りました。 リビングに面した部分は、あまり奥行きがないため、腰壁の上にプランターを設置し、ウッドデッキで床が高くなった分、壁が低く感じるような恐怖感を与えないよう、内側に木製のフェンスを立てています。
これによって室内からはプランターは見えず、植物の部分だけがフェンスから出て見えることで、スペースを広いまま確保しつつ、グリーンも楽しめるようになっています。富士山や夕日が見える角のスペースには、ベンチをつくり、中に折り畳みテーブルの収納もできるようになっています。
また、ワンちゃんが砂利のところで排泄をすることが多いという事でしたので、一部デッキをステップ状にし、周りに砂利を敷きつめ、トイレの役割を担っています。
ちょうど大規模修繕が終わった直後に行っているため、10~15年後に行う次回の修繕時には取り外しが必要になりますが、その時もパネルで外せるように設置しています。

植物で彩るアーバンバックヤード

新築時に緑化基準を満たすためだけに植えられた植栽帯がある奥行き2m程のバックヤード。室外機や物置があり、通路中央に散水栓があるので、あまり利用できないスペースになっていました。 
室外機のあるスペースの前にハードウッドのフェンスを作り、床面は建物に合わせてソリッド感のあるタイルを張りました。通路中央に合った散水栓は室外機のある場所に移設し自動潅水装置を設置。隣地との境界にはお互いの目隠しに常緑のアデクを列植し、プライバシーを保ちつつ、手前の植栽の背景として機能するように配置しました。アプローチは既存のマホニアやシモツケ、トキワマンサクなど使えるものはできるだけ使用し、葉色の変化や形状のコントラストをつけ、メリハリのある植栽帯になっています。動線を照らすポールライトと植物をテラススポットライト併用し、照明で夜の演出もしています。
限られたスペースですが、テーブルとイスを置いて夜外で過ごすようになったとおっしゃっていただいてます。