ベニシダ

日の届きにくい環境の植栽で重宝するシダ植物。
その中でもベニシダは希少な常緑性で、四季を通して緑のボリュームを作ってくれる優等生です。

ニワゼキショウ

オオイヌノフグリやカラスノエンドウなど春を告げる花が一段落して、叢に生える雑草の丈もぐんぐんのび鬱蒼としかかってくる時期。
その周縁の明るい地際や、芝生、アスファルトのヒビのような所でも日当たりのよい場所に薄いピンクや紫色で星形に似た花弁を開きます。

キランソウ

春、桜が咲くころから梅雨に差し掛かる頃にかけて、地面に張り付くように葉を展開し、その上に咲かせるというより、どこかからこぼれ落ちてきたかのような独特の趣で紫色の花弁を付けます。