緑の小径が繋ぐ家族の記憶

施主は、10数年前にBROCANTEでお庭作りをお手伝いさせて頂いたお客様の娘さんご家族。
旦那さんと3歳の娘さんとご一緒に、都内のマンションの1Fにお住まいです。
占有庭があり、そちらのリフォームのお手伝いをさせて頂きました。

占有庭は、室内からダイレクトにつながるスペースと部屋の裏側に位置する広い空間に分かれ、それぞれのスペースを細い通路が繋ぎます。
[GardenTerrace] [Patio] [Forrest Path]とそれぞれの空間にテーマを設け、プランニングを進めました。

[GardenTerrace]は、プライベート感を確保し、昼夜問わずカーテンを開けて、眺めて楽しめる大人のスペースとしました。
それに対し、[Patio]は、広々とした舗装とタープや菜園、ブランコを設置し、子供が自由に遊べるスペースに。
それぞれを繋ぐ通路[Forrest Path]は、異なった雰囲気の空間に出るワクワク感を感じてもらえる様な植物のトンネルとしました。

お庭の様々な場所に、ご実家のお母様から譲り受けたベンチや置物が楽しくディスプレイされています。
お庭を通じて、次の世代へつながる記憶。
大事に育まれてきた家族の思い出が、これからも積み重なっていく事と思います。