時の流れをなぞり始める芽吹き

材木倉庫をリノベーションして作られた複合施設。
ファサードに面した植栽帯に山堀りの植木やつる植物を中心に野趣的な植木をその動きの絡みとトーンを合わせながら、一体的な面となるような構成で植栽を行っています。
ライフスタイルショップ、カフェ、スタジオ、オフィスと用途は様々に異なる内容へと様変わりしていますが、
材木倉庫だったころの面影も引き続きつつ、また新しい時間の流れが、植物の芽吹きと共に紡がれてゆきます。

ネオンの窓に浮かぶ南国

歓楽街の一角にある飲食店。
横長にフレーム取りされた窓に背景のネオンを緑で覆いつつ、時折その隙間から漏れてくるネオンの光が独特の雰囲気を醸し出します。
ハリヤシ、バンクシア、グレビレアなどを中心に耐寒性のある南国を感じさせる植物を用い、リゾート風の雰囲気と年間を通して安定した緑のボリュームを作っています。