目黒区の庭

都内の閑静な住宅街にある一軒家。
周りに高い建物の少ない立地で、見晴らしと広い空を満喫できる屋上と、そのアプローチでもあるリビングに面したテラス。そして、地下のドライエリアを利用したサンクンガーデンへ植栽を行いました。

屋上にはもともとプランターが設置されていましたが、視界を妨げない程度で数を増やし、どの視界からもグリーンを感じられるようなレイアウトを作りました。
もとはシマトネリコが植栽されていましたが、強い日照や風のため状態が良くなく、今回はそれらの条件により高い耐性と、見晴らしや風を考慮し適正な樹高2.0m~2.5m程度に設定したうえで、その高さで見栄えのする樹形となるものを選び、植え替えをおこなっています。さらに自動潅水機も設置しメンテナンス性への対策もおこなっています。

サンクンガーデンは一面のガラスで屋内と仕切られており、屋内の視覚からは、白い壁が明るい印象の余白となるよう、シンプルな配置で植栽を行いました。
もともとのウッドデッキ貼りが朽ちてしまい、また周辺から落ち込んでくる落ち葉の掃除が大変との事も大きな問題でしたが、
タイル貼りにすることで耐久面とメンテナンス面での性能向上を図りつつ、
壁の白と相まって、シンプルな構図を強調しています。

鎌倉市の庭

海に徒歩で行ける湘南の高台エリア。中古の戸建てをご購入され、内装、外構ともに少しづつ手を入れて住まわれています。2017年にお声がけいただき、一期工事は中庭の鉄骨階段とテラス、二期目はアプローチ部分から駐車場、中庭部分の改修工事を行いました。

1・2階を繋ぐ階段の中間に位置する踊り場に掃き出し窓がありましたが、購入されたときには外階段はない状態でした。庭へは動線がなく、玄関側からしか行けないようになっていたため、その部分から着手することになりました。海沿いのため溶融亜鉛メッキの鉄骨造躯体に塗装をし、テラス、階段のステップ共床面はイペ材を使用しています。堅牢なつくりでありながら、木材の素材感が印象を和らげる仕様にしています。テラス上部にはパーゴラも設け、フジで緑陰を作っています。

玄関側のウッドデッキが老朽化したのと駐車場部分を拡張するために2020年に二期工事を行いました。カントリー調から少しクラシックな印象にと言うご要望から、建物に合わせ玄関を中心にシンメトリーにアールの階段を両サイドに設けました。手摺りとフェンスにはスチール無垢材を使用し、ギボシは表札に合わせたゴールドの塗装を施しました。駐車場は傾斜がきつかったため、一度舗装部分を壊し床面を下げ、車二台が十分に止められるように奥行きも拡張しています。アプローチ全体と駐車場はベルギーからの輸入スライスレンガをヘリンボーン張りで敷き詰めています。

中庭側も二期目で、外周フェンスと生け垣をつくり、元々あった菜園エリアも腐っていた枕木からレンガに替えました既存のアンズやミカンなどの樹木も移植、整理を行い、植込みも全体的に整備しました。庭の中心で目立っていた物置は鉄骨のテラスの下に移設し、下部全体を収納スペースとして活用できるようにウッドフェンスで覆っています。また、水栓部分も改修し、自動潅水装置も設置することで広範囲の水やりの負担がなくなり、奥様にも喜んでいただいています。

青葉区の庭

リビングに面した幅5m奥行き3mほどのお庭。
道路から庭と室内を隠しつつ、植物を楽しめるスペースにというご要望のため、道路沿いに木製の目隠しフェンスを作りました。
室内から見るとかなり高さが必要なため、ツルを誘引できるように板を渡し、上部は植物で目隠しになるような形にしています。
道路側にはコンボルブルスをフェンスと擁壁の間に植え、下垂することでフェンスの圧迫感を和らげています。
庭には掃き出し窓から外に出られるようにウッドデッキを設置。
スペースが限られているため、作り付けのベンチは駐車場に張り出し、ベンチの下に板金を施し、自転車が置けるスペースにしています。
ツルハナナスやスタージャスミンなどの常緑ツル性植物を中心にクレマチスやブラックベリーなどもフェンスに這わせ、植物のボリュームを保っています。
周りを気にせず過ごせるウッドデッキがとても活躍しているとおっしゃっていただいています。

横浜市の庭

南東角地に位置する横浜市内の住宅。隣地が売りに出されたため、駐車スペースとお庭としての活用を考えご購入されました。
傾斜地のため現在お住まいのスペースと1m程の高低差がありましたが、駐車場から玄関までのアプローチをバリアフリーにするため、擁壁部分を一部開口し、玄関ポーチの御影石に合わせ、明るい石材で舗装しました。
駐車場には車からの出入りも楽にできる、ゆったりとした大きさのオリジナルのカーポートを設け、アプローチ部分に元々植えられていたヤマボウシをその脇に移植しています。
物置は駐車場と母屋のどちらからもアクセスしやすく、建物の北側に設けられた給湯器などの設備も隠す位置に設置しました。
ご夫婦ともに植物がお好きで、旦那様は野菜を、奥様は花が咲くものを中心に少しづつご自身で増やしていかれています。
カーポートと物置前のスペースではお嬢様夫妻と共にバーベキューなども楽しんでいらっしゃるそうです。

小金井の庭

駅から程近い大通りを一本入った静かな物件。

隣地境界に元々あった味気ないブロック塀を隠し、動線部分が枯れてしまった芝生の舗装を見直しました。
一段低くなったお庭を掃き出し窓のレベルと揃えてデッキを設けることで室内からの行き来をストレスフリーにすると共に広い居住空間を確保しました。

境界部分にはデッキと一体となったウッドフェンスを設置する事で全体を温かい印象にしています。
さらにフェンスと建物をつなぐパーゴラを取り付けお客様がご用意したハンモックチェアを設置。
植栽の量が少ない空間ですがこういった小物が雰囲気をぐっと上げてくれます。
インテリアにもこだわり、センスの高いお客様なので外の空間も楽しんでいただけるようシンプルですっきりした空間に仕上げています。

木材の経年変化により全体がシルバーグレーの趣のある印象に変わり、どこか懐かしさを感じさせる建物ともマッチしてきました。

富士宮の庭

家の南側に面した長細いスペース。
元々メッシュフェンスが建てられていた長辺の接道部分を花壇やウッドフェンスへ作り替え、プライベート感を高めました。

そのうえで、リビングに面した部分はその延長として機能するウッドデッキ・パーゴラのテラス、書斎や寝室に面した部分は窓辺の景色となる植栽、および物置や洗濯などを行うバックヤードへのアプローチにと、長細いスペースを生活の起点である母屋の間取りに密接に紐づけた機能で構成し、プライベートスペースとして活用度を高めることを意識しました。

また長方形の短辺と中央部にあたるスペースの区切りを強調する機能に、植物や素材の連続性を与え、スペース内の視線の移り変わりにおいても、景観を楽しめるような構成を目指しました。

藤沢市の家

海岸に近い閑静な住宅街。
前面に庭となるスペースが広く配置された敷地。

外周を覆うように、駐輪・小屋を配置し視線をカバーしくつろげるスペースが生まれた。デッキにてお茶を愉しんだり、夏にはプールを広げたり子どもたちの良い遊び場にもなっている。

この庭は、梅、ぶどう、柑橘、ブラックベリーなどなど
四季折々収穫を楽しめる果樹が多く植えられている。

新しい樹として、梅の花に近いレプトスペルムム属のシルバーティーツリーを植えた。

目黒区八雲の家

2Fリビングにつながる15㎡程のテラス。傷んでいたデッキは張替えリビングから隣地が抜ける景色に造作プランター、立体的にプランターを棚に設置し、植物で囲われた緑あふれる空間になった。

パーゴラには着脱式のタープを着けているので、日差しが強い日でも、
お茶や読書できる快適な空間となっている。

お施主は季節の花々を室内に活けたり、ハーブを料理に使ったり植物を楽しんで頂けているようだ

葛飾区の家

既存のブロック塀に手を加え、左官塗りとロートアイアンの壁に一新。

シンプルながら表情のあるロートアイアンが引き締め役になっている。門扉を抜けたパーゴラ付きのベンチにはクレマチスを絡ませてあり、花が覆う頃が楽しみな作りである。

テラスは花壇をつくり奥行きを広げ、ウッドフェンスで囲みくつろげる空間に。リビングから観ると植栽の緑と造作で作った飾り棚が彩りを添えている。

世田谷区の家

老朽化した万年塀の交換と共に使われていなかった裏庭をリフォームしました。ご自身で植えられたニセアカシア・フリーシアを移植し、隣家の2階のベランダが隠れるように常緑のシマトネリコを植えました。床は玄武岩の古いものを通路、テラスと同素材で敷き詰めています。
外周の壁は高さが2.4mと高いため、躯体はRC造で、表面の仕上げは経年変化したようなモルタル左官仕上げと通路の一部は、壁高の切り替えに合わせ、シンプルな塗装仕上げにしています。
鉢やオブジェを飾るためのコンクリート製のオリジナルコンソールは、高い壁の高さを和らげるために設けています。