富士宮の庭

家の南側に面した長細いスペース。
元々メッシュフェンスが建てられていた長辺の接道部分を花壇やウッドフェンスへ作り替え、プライベート感を高めました。

そのうえで、リビングに面した部分はその延長として機能するウッドデッキ・パーゴラのテラス、書斎や寝室に面した部分は窓辺の景色となる植栽、および物置や洗濯などを行うバックヤードへのアプローチにと、長細いスペースを生活の起点である母屋の間取りに密接に紐づけた機能で構成し、プライベートスペースとして活用度を高めることを意識しました。

また長方形の短辺と中央部にあたるスペースの区切りを強調する機能に、植物や素材の連続性を与え、スペース内の視線の移り変わりにおいても、景観を楽しめるような構成を目指しました。

藤沢市の家

海岸に近い閑静な住宅街。
前面に庭となるスペースが広く配置された敷地。

外周を覆うように、駐輪・小屋を配置し視線をカバーしくつろげるスペースが生まれた。デッキにてお茶を愉しんだり、夏にはプールを広げたり子どもたちの良い遊び場にもなっている。

この庭は、梅、ぶどう、柑橘、ブラックベリーなどなど
四季折々収穫を楽しめる果樹が多く植えられている。

新しい樹として、梅の花に近いレプトスペルムム属のシルバーティーツリーを植えた。

目黒区八雲の家

2Fリビングにつながる15㎡程のテラス。傷んでいたデッキは張替えリビングから隣地が抜ける景色に造作プランター、立体的にプランターを棚に設置し、植物で囲われた緑あふれる空間になった。

パーゴラには着脱式のタープを着けているので、日差しが強い日でも、
お茶や読書できる快適な空間となっている。

お施主は季節の花々を室内に活けたり、ハーブを料理に使ったり植物を楽しんで頂けているようだ

葛飾区の家

既存のブロック塀に手を加え、左官塗りとロートアイアンの壁に一新。

シンプルながら表情のあるロートアイアンが引き締め役になっている。門扉を抜けたパーゴラ付きのベンチにはクレマチスを絡ませてあり、花が覆う頃が楽しみな作りである。

テラスは花壇をつくり奥行きを広げ、ウッドフェンスで囲みくつろげる空間に。リビングから観ると植栽の緑と造作で作った飾り棚が彩りを添えている。

世田谷区の家

老朽化した万年塀の交換と共に使われていなかった裏庭をリフォームしました。ご自身で植えられたニセアカシア・フリーシアを移植し、隣家の2階のベランダが隠れるように常緑のシマトネリコを植えました。床は玄武岩の古いものを通路、テラスと同素材で敷き詰めています。
外周の壁は高さが2.4mと高いため、躯体はRC造で、表面の仕上げは経年変化したようなモルタル左官仕上げと通路の一部は、壁高の切り替えに合わせ、シンプルな塗装仕上げにしています。
鉢やオブジェを飾るためのコンクリート製のオリジナルコンソールは、高い壁の高さを和らげるために設けています。

大田区の家

築数十年の平屋の離れの改修工事と合わせ、母屋と離れの間にある広い中庭をリフォームしました。
離れは近い将来、賃貸物件にする計画があったため、お母屋と平屋をやんわりと分けたいというご希望でした。
庭の中心にフォーカルポイントと間仕切りを兼ね納屋を設け、プライベートをそれぞれ確保できるように、平屋側のリビングに面した部分にデッキを作り、ウバメガシという常緑樹で仕切っています。
既存の樹木はできるだけ残し、グレーのレンガで園路を舗装し、母屋の勝手口に面したエリアは広く石のテラスにすることで管理しやすいレイアウトにしています。
広い植栽帯には、新たに生長が比較的遅い中高木を配し、部分的にハマヒサカキのグルーピングを作ることで、メンテナンスを抑えつつ、冬でも見られる庭にしています。

品川区の家

都心の建物に囲まれた中庭は、目隠し用の黒とブルーグレーのウッドフェンスが外周を覆い、高いフェンスの補強も兼ねたパーゴラには、ヘデラやジャスミンを誘引することで緑のボリュームを作っています。室内から続くウッドデッキの中央には株立のヤマボウシ、周りにはリキュウバイやアジサイを植え、アンティークレンガで造られた高さのある花壇を設置することで、フォーカルポイントとして、また庭に奥行き感を与えています。
フェンス際には作業台やベンチを配置し、それぞれのコーナーが楽しめるようにレイアウトしています。

町田市の家

駐車場の屋根の上にウッドデッキを作り、一階リビングに面した庭からデッキに上がれるように、既存のRC壁と合わせた階段を設け、建物外観のモダンな雰囲気に合わせスチール製の手摺を合わせました。水はけが悪く雑草が生い茂っていた土の部分は、テラス部分の面積を広くするため一部植栽エリアを残し石材で舗装しています。テラスにはプランターとベンチをレイアウトし、家族が寛げるスペースに仕上げています。

川口市の家

お嬢さんが楽しめるガーデンハウスと目隠しフェンスの設置を最初に行い、5年後、ウッドデッキの老朽化に合わせ、デッキの改修と舗装工事を行いました。庭のメインのポイントになっている小屋の中は、漆喰の壁に、床はフローリング材を張り、「離れ」のような空間になっています。高さのあるフェンスにはツルバラを誘引し、足元にはヒメウツギやフウロソウなどの下草を配しています。リビングダイニングに面した広いデッキには、テーブルとイスを置き、日除けになるよう設けたパーゴラにはブドウを絡めています。

世田谷区の家

隣家からの目隠しのため、ナチュラルカラーのウッドフェンスとウィローフェンスを設置し、既存の壁と共にバラやジャスミンなどのツル植物を這わせ緑溢れる庭に。既存のサルスベリやモクレンは活かし、新たにマルバのユーカリやギンヨウアカシア、ノリウツギや多年草他、沢山の種類の植物を植えています。雑然としたグリーンの中で、木馬やブリキのバケツなどの雑貨がポイントになっています