Store

“CALENDER” Photographs and Words Exhibition

日本のどこか、世界のどこか、自分の知らない人や風景。
フォトグラファー阿部健さんの作品は、絶対的な美しさや壮大さ・非日常に対する憧れと同時に、その場に存在する誰かにとっての日常の時間も一緒に切り取られている気がして、どこか情緒的で穏やかな美しさと親しみも感じさせてくれます。
その事が自分の日常に対する感受性も豊かにしてくれる気すらするのです。

昨年阿部さんに依頼し、制作いただいたカレンダーには、スイスにて撮影された作品が使用されていますが、やはりそこには私たちにとっての非日常と誰かにとっての日常が共存し、編集とライティングを担当してくださった若菜晃子さんの季節感がじんわりと薫る小文とともに、日々の生活を傍らで優しく見守ってくれるような素敵なものとなりました。

庭という日常の中で機能するものづくりを生業としている私たちにとって、同じく日常の一部となり日々機能するカレンダーというものは、どこか自分たちのスタンスを体現している部分を感じさせるものでもあります。

今回は、そのカレンダ―に使用されている写真と小文の展示を行います。小さなカレンダーの世界観をSeeding の店舗スペースにて感じて頂ければと思います。
若菜さんが発行人を務め、阿部さんがスイスを訪れるきっかけとなったと語る小冊子『murren』や、若菜さんの新刊本『旅の断片』などもお手に取っていただけるようになっております。それらを通して今回のカレンダーが形作られる背景も感じ、お楽しみいただければ嬉しいです。

日程:2 月7 日~ 2 月17 日(火、水、木曜日定休)13:00~18:00
会場:Seeding目黒区自由が丘3-7-7BROCANTE 2F

Photographs
阿部健 Takeshi Abe
1980 年神奈川県生まれ。日本写真芸術専門学校 2 部 報道・芸術写真科を卒業。
写真家平野太呂氏の助手を経て、2009年よりフリーランス。

Words
若菜晃子 Akiko Wakana
1968年兵庫県生まれ。編集者。大学卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。
「街と山のあいだ」をテーマにした小冊子『murren』編集・発行人。