吉川市の家

新興住宅地の一画のお宅。
道路から母屋までのスペースに多くの機能※を入れ込むため、角度のついたファサード、ウマでの区切り、半囲いの軒などスペースに多様な機能性を果たさせるようなアイディアを盛り込みました。
(※エントランス・遊び場・通路・駐車場(メイン・来客)・物置・自転車置き場等)

鉄と木材を組み合わせた門扉、インタフォンカバーを兼ねた表札はフォントから、オリジナルで作成しました。

木、鉄、モルタルなど素の素材感でまとめたトーンと角度のついたファサードが相まって独特の個性を発しています。

市川市の家

新築のお宅。ファサードはお家の雰囲気に合うよう、シンメトリーを意識しました。周りをアパートに囲まれているため、デッキとお庭の周りに既存のブロック塀を隠しながら高さのある目隠しフェンスを設置。ブ ルーグレーの落ち着いたトーンに緑が映える空間となりました。小屋は収納としてはもちろんのこと、お庭の景色にも欠かせないポイントとなっています。

相模原市の家

グレーと白でまとめたポーチ脇には、風合いのある質感の左官で仕上げた門柱を設置し、サインを兼ねたインターホンカバーはオリジナルで製作しました。黒に近いグレーで塗装した隣家との境界に建てた木製フェンスには、ブラックベリーがたわわに実っています。建物の基礎を隠すためにハマヒサカキ、ポーチ脇には道路からの目隠しのために、オリーブを植えています。

茅ヶ崎市の家

玄関までのアプローチを兼ねた駐車場には、限られたスペースで緑のボリュームをつくり出す役割のパーゴラを設けています。意匠的な役割、植物の支持物として、また道路と敷地の区切りをつける効果もあり、インターホンやポストを取り付けた柱はサイクルスペースとの区切りとしても機能しています。日当たりの良い砂地の土壌のため、レンガの隙間に芝を植え、砂利を併用することで固い印象になりがちな駐車場を柔らかい印象に仕上げています。

練馬区の家

隣家が迫った奥行き2mにも満たないスペース。ポイントと機能性を兼ねた造作物置を設置。スチールと杉材を組み合わせたフェンスには、ツル植物が絡み緑の壁をつくっていきます。

杉並区の家

リビングに面した中庭にアンティークのイスやテーブル、コンテナを植物と共にコーディネイトしています。元々植えられていたインパクトの強いソテツと背景のウッドフェンスに合わせ、落ち着いた印象のアイテムやグリーンを選んでいます。

麻生区の家

狭くかなり老朽化したRC造の駐車場をつくり直し、庭と共に上部は子供たちが遊べる空間へ。広めの芝生や木製パーゴラにはブランコやハンモックも吊れるように。

千葉市の家

シンプルな建物に合わせ、ガルバリウムと木を組み合わせたフェンスで外周を囲い、オリジナルのシンクや物置をポイントに、中央には来客時に皆で寛げるテラスを。

麻生区の家

リビングに面した奥行き2m程の道路と家との間の植栽帯。そこを活用できるスペースにと言う依頼のもと、床のレベルを上げることで、室内からの広がりも感じられる空間に。