アエオニウム 黒法師

“クロホウシ”異国感漂う多肉植物に突如現れる日本ぽい音。
見た目のイメージからすると意表を突かれるようなネーミングですが、ひと度その見た目と一致すれば忘れられないインパクト。
多肉植物ブームが言われてから久しい中、その初期の頃から現在でも最もポピュラーな品種の一つです。