ヒマラヤユキノシタ

まだ寒さの厳しい時期にふと目に留まる鮮やかなピンクの花。
葉もツヤツヤしくその季節に不釣り合いな程生き生きとしたオーラを発しています。野菜のケールやチンゲンサイを思わせるその姿は、群生しつつも1枚1枚の存在感がしっかりとしていてオーナメンタルな印象すらあります。

ヒメオドリコソウ

まだ霜が降りるようなま時期から身を寄せ合うように群生している姿を見かけます。てっぺん付近の葉が紫色を帯びる姿が、何やら帽子をかぶっているように見えて可愛らしいです。
かぶさるように葉が重なって立ち上がる姿は、踊り子の名がついていますが、どうも僕はアンデス地方のポンチョを着た人の姿が浮かんできます。

ホトケノザ

まだ寒さの残る時期、背の高い植物が茂る前の空き地のような場所や、道路際の日の当たりやすい所など、
見通しの良いところに群生し、紫の花が小ぶりながらよく目に付きます。