ミチタネツケバナ

春の早い時期、冬の間風や日光にさらされ乾燥し少し硬くなった様な土の表面から細い線を立ち上げ、その存在に気が付く頃には先端に小さな白い花が咲いています。

オオアラセイトウ

桜の花などよりも少し早めの時期に、ふんわりとした紫色の花を咲かせます。
柔らかな野性味を感じさせながらも、しっかりとした華やかさもあり、群生する姿もけばけばしくなることもなくよく映えますが、ぽつぽつと咲く姿もこれはこれでよいものです。
背丈もあるので緑のボリュームもあり、この花が咲くと春らしさがグッと増します。